SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.06-A1911月6日(土)19:00~21:00

フラーレンプロジェクト:多面体アパートからサイエンスのカタチ

Fullerenes Project: Shapes of Science from Polyhedral Apartment

LAL-LAL Inc.

企画概要

img06-a19_00

カタチがテーマの企画です。数学はじめ科学の話題には、普段目にすることがない不思議なユニークなカタチがたくさんあります。実際にカタチを作ると新鮮で楽しく面白さを実感できます!

今回、化学で有名なフラーレン構造に注目します。5角形と6角形の面(3価の頂点)からなるとてもユニークなカタチで、理論上無数に存在します。幾何学のウィア・フェラン構造、新鉱物の千葉石、宇宙空間など...ひょっこり現れます。

ゲーム感覚で、化学計算ソフトを使ったフラーレンのカタチに挑戦します。また、幾何アートパズルRUPAを用いたフラーレンのカタチもご紹介します。

あなたがまだ知らない新しいカタチを一緒に探しませんか?

A “shape” is the theme of this workshop. Some shapes found in mathematics and science are not usually seen. Making such structures is fun and convey vivid feelings. This time, we will focus on fullerenes, famous structures in chemistry. They are infinite and very unique, consisting of pentagonal and hexagonal faces with trivalent vertices. Let's challenge making fullerenes by using a chemical software as if playing a game. We will also demonstrate how to make these shapes using a geometric art puzzle “RUPA”. Let's explore geometric beauty.

https://lal-lal.co.jp

登壇者プロフィール

img06-a19_02

高橋 直樹 Takahashi Naoki

千葉県立中央博物館上席研究員。地質学・岩石学の専門家。

房総半島南部の嶺岡帯及びその周辺の新第三紀の地層を主な研究対象に、フィールドワーク並びに採集した資料の室内分析を両輪としながら、房総半島の大地の成り立ち、さらにダイナミックな地球の営みの謎に迫る。

講座・観察会・野外活動等人の輪を広げる教育普及活動、「石ころ博士入門」(全国農村教育協会/2015年/共著)、千葉石・房総石の発見にも関わる。

img06-a19_01

有働 洋 Udo Hiroshi

LAL-LAL Inc.開発担当。理学博士(生物化学・神経科学)。

鹿児島大学・大阪大学・ロバートウッドジョンソン医科大学・コロンビア大学ハワードヒューズ医学研究所・九州大学で研究に従事。

2019年RUPAを共同開発以後、LAL-LAL Inc.にて製品開発ならびに科学監修を担う。

プログラム

 

イントロダクション
Introduction

 

あなたのフラーレンをカタチに
Make Your Own Fullerenes

 

千葉石の謎
Special Topic Chibaite

 

多面体アパート
Polyhedral Apartment

 

カタチのレシピ

※事前に、化学計算ソフト“Avogadro”を、お使いのコンピュータにダウンロードし、インストールしておいてください。

サイト(https://avogadro.cc/)にアクセスし、画面上の「Download」をクリックし、SOURCEFORGE経由でダウンロードできます。無料(英語版)です。

※当日参加される方は、是非、あなたのカタチを Zoomカメラでご紹介ください。

※弊社ウェブサイト(https://lal-lal.co.jp/)にて“幾何アートパズルRUPA”はじめ“多面体アパート”ならびに“フラーレンプロジェクト”の資料をご案内申し上げます。

関連企画

学習・体験・ものづくりに関する企画一覧

03-A17 もし「未来」という教科があったら、どんな授業??

03-A19 学研の付録性をAR三兄弟と考えてみる

03-C17 実務の達人達の知恵をヒントに夢ある未来を考えましょう

03-C19 博物館×テクタイル~あなたは何を伝え、残しますか?

03-D13 この手から「新」技術?ひみつの研究道具箱ゲーム

04-A19 科学技術と文化・教育の社会に対する役割と未来の可能性について考える

06-B10 折り紙の手法を使ってユニバーサル・ジョイントを作る

06-B13 絵本で科学実験 ストローハウスで耐震技術に挑戦

06-B19 オンラインコミュニティで生まれる化学反応~十人十色な科学への向き合い方~

06-D17 科学実験@ボリュメトリックスタジオ作戦会議

06-E17 そもそも放射線って何?生活の中からお答えします!

07-A13 科学の工場見学〜科学はどうやって生まれる?〜

07-C10 コロナ禍で変化・発展した「算数・数学の学びの形」とこれから必要な算数・数学の教育

07-C13 機械学習を用いた「分類」を体験しよう

07-E17 敷きつめて発見しよう!組み合わせから生まれる多様性

10-A13 共創型ボードゲーム「Changing」〜新感覚のカラフルリバーシ!?〜

10-A15 オンラインで科学実験教室を開催しよう!

Y-01   原子・分子をのぞいてみよう-身体も地球も原子・分子という暗号でできている!-

Y-02   生きもののしくみを理解するための学修支援ツールの開発

Y-05   シャボン玉で科学しよう!

Y-06   めざそう、科学のオリンピアン!

Y-09   モバイル顕微鏡で探るミクロ世界 光、紫外光による多種多様な観察とその応用

Y-12   測量ワークショップ「ナスカの地上絵の再現」実践ドキュメンテーション

page top